MENU

《トリミング中の怪我》起こりがちな怪我5選とその解決策について

ほしうみ

こんにちは!!!

この記事を通して、

トリミング中に起こりがちな怪我と、その解決策を記します。

・トリミング中って見れないから不安なんだよね・・
・何がどう起こったの?
・うちの子は大丈夫?

そんな方へ。

スポンサーリンク
目次

バリカンによる足裏の怪我

足裏の毛をバリカンで刈る時に起こる怪我です。

皮膚に強く当てたり、

犬の急な蹴りを受けた時に起きがちです。

解決策

バリカンの刃を立てすぎない。

犬は蹴ってくるものだと予測して瞬発的に反応できるようする。

りんちー

こっちも避ける瞬発力が試されるよね!

毛玉をとる際の皮膚裂き

毛玉をシザーで裂く時と、

バリカンで毛を刈る時に起きがちです。

ほしうみ

時間に焦ってる時ほど起こりがちです。

りんちー

施術時間を余分にとって余裕をもとう!

解決策

毛玉を裂く時は皮膚と毛玉の間に隙間を作ってからシザーの刃をいれてゆっくり裂いていくこと。

毛と皮膚をしっかり指で触って認識してからバリカンを入れること。

毛玉をバリカンで刈ることに注力しないこと。

カンシによる耳の皮膚の怪我

カンシで耳毛を抜く時に、

カンシで皮膚を挟んだ時に起こりがちです。

解決策

皮膚と毛を指で確認して、束ねてから毛抜きすると怪我しにくいです。

嫌がる子は無理にやらないこと。

洗い残しによる目の充血

シャンプー剤の流し残しや、

目に毛が入りっぱなしの時に起こりがちです。

ほしうみ

目の角膜ってとてもデリケートなので、
少しでも入ってしまったら、
よーく流してね!

解決策

シャンプーする時は薬剤が入らないように、やや目の周りから離して洗うこと。

万が一シャンプー剤や毛が目に入ってしまったら、しっかり精製水で洗い流すこと。

飛び降りからの骨折

犬がトリミング台から飛び降りたり、

シンクから飛び降りた時に起こりがちです。

解決策

トリマーが目を離さないこと。

犬は飛び降りるものだと思って接すること。

最後に

以上になります。

ほしうみ

気づきましたか???

怪我の原因って全てトリマーの責任なんです。

怪我を犬のせいにしているトリマーはまだまだアマチュアでプロとは言えません。

りんちー

たまに犬が動いたから。
って言い訳する方いますが、
プロ失格です!

皆さんも通ってるペットサロンで怪我した場合にトリマーの発言を気にして聞いてみて下さい!

原因と解決策をしっかり伝えてくれているか。

ペットファーストになっているか。

トラブルは気をつけても起こるものですが、

細心の注意を払えば、防げるものもたくさんあります。

少しでも力になれたら私は幸せです。

それでは、また!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる