MENU

《犬のリボンの付け方》ご自宅でもできるように写真付きで解説します

ほしうみ

こんにちは!!!

この記事を通して、

リボンを犬の耳につけるやり方を、

必要なものと付け方を写真付きで記します。

・犬が動いてつけられない!!
・どういう原理なんだろう?
・SNSで自慢したい!

そんな方へ。

スポンサーリンク
目次

必要なものって何?

セットペーパーって何?

犬の毛をまとめる役目をする、薄ーい紙になります。

これをすることで、毛がまとまりやすく、絡み辛くなります。

リボンはアソートを推奨します

個別で可愛いのも売っていますが、

失敗してゴムが切れることを想定し、

今回はコスパの良いアソートバージョンをオススメしてます!

写真で解説!

写真の順番に真似してみて下さい。

セットペーパーとリボンを用意します。
先端を折ります。
さらに半分に折ります。
さらに折ります
さらに折って、この状態になりましたら
耳の中心辺りの毛を少し束ねて
ペーパーで挟みます
手を離さないで下さい
挟みましたら三つ折りにしていきます
この状態になりましたら絶対に手を離さないで下さい
リボンのゴムを二重に結びます

ほら、出来上がり!

ほしうみ

とっても細かい作業なので、
不器用な方は犬の顔を持ってもらうと、
とてもやりやすいです!

最後に

私はそもそも、

リボンをつけることは毛玉になる原因になる

ので、

オススメはしておりませんが、

インスタ映えなど、

一瞬でもお洒落をしたい方向けに発信しました。

一人にでも参考になれば嬉しいです!

それでは、また!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる