【健康法】犬の涙やけを改善してキレイに保つ4つの方法とは?

  • ペットの涙や毛が気になる!
  • 涙やけってすぐ改善するの?
  • 涙やけを治してあげたい!

そんな疑問を抱く方へ。

目次

涙やけを改善する4つの方法とは?

・犬のストレスを減らす
・キレイな環境で飼う
・食事の見直し
・こまめに目もと周辺を拭いてあげる

の4つになります。

ほしうみ

わかりやすく解説していきますよ!

お嫁さん

よろしくお願いします!

「涙やけ」ってこういう状態です

①犬のストレスを減らす

犬の大きさに合った散歩量で散歩をしましょう。

運動量が不足すると新陳代謝が悪くなり、

体内にたまる老廃物が原因で涙やけを引き起こしやすくなるので、

適度な運動によってストレスを緩和し、

涙やけを発症しにくい体質づくりが大切です。

目安時間目安距離
小型犬(約3Kg〜6Kg)約30分〜1時間約1〜2km
中型犬(約7Kg〜10Kg)約1時間〜2時間約2〜4km
大型犬(約10Kg〜)約2時間〜3時間約4〜6km
参考にどうぞ!

②キレイな環境で飼う

清潔な部屋で飼いましょう。

涙やけは、

ハウスダストによって起こることもあるので、

定期的な掃除や空気の循環が効果的。

サーキュレーターは空気循環に特化していて、

扇風機と違い、小型でパワフルなので、1台は常備しておいた方が良いでしょう。

③食事を見直す

おやつのあげすぎや、不規則な食事を避けましょう。

このフードは安いからこれでいいや。

とかそういう理由での選択はやめて、

おやつやフードに含まれるたんぱく質の量や栄養の種類をバランスよく摂取することで、

涙やけを引き起こしにくくなる体作りも期待できます。

ほかのフードに変えることで症状が改善されることもあるため、

涙やけが気になるときは愛犬の健康状態をチェックしながら、

食事を見直してみることも大切です。

④こまめに目もと周辺を拭いてあげる

コットンや柔らかい布で軽く拭いてあげることが大切。

ゴシゴシ強く拭いてしまうと、逆に皮膚荒れを起こす原因になるので、気をつけましょう!

涙やけの別名がこれ

涙染色症候群

(なみだせんしょくしょうこうぐん)

お嫁さん

あまり正式名称で呼ばないので、
へえ!くらいで良いでしょう!

涙やけはなぜ発生するのか?

ネットで調べるとつらつらと難しいことが書いてあるので、

簡単に説明すると、

瞼(まぶた)の作りや鼻の器官の異常が原因で

本来、涙が通るべきコースを外れて瞼を超えて、

目の下の毛の変色(茶色とか黒色になります)に繋がることで発生します。

ほしうみ

生まれつきの部分もあるので、
順応に対応しましょう!

涙やけのマイナス点とは?

・見た目がかわいそう
・目もとから異臭を放つ
・痒みを引き起こす

目頭周辺の毛に涙がついて、

涙の中のタンパク質やミネラル成分が酸化し、バクテリアを繁殖させ皮膚炎を起こしたりして痒み(かゆみ)や異臭を放ちます

生まれつき涙やけがすでに酷い子とかいますので、

そういう子は上記で記したことを積極的にしてあげましょう。

お嫁さん

何事も積み重ねがとっても大事!

涙やけが起こりやすい犬種は?

・マルチーズ
・シーズー
・トイプードル
・ヨーキー

特に白い毛の子だと、

涙やけは特に目立ちます。

涙やけを当日に一時的にキレイにする最速の方法は?

・トリミングに出すこと
・部分的に目周りだけカットしてもらうこと

です。

改善策の食事を変えてもすぐに効果が出るわけではないですし、

部屋の空気をきれいにしてもすぐに変化は起こりません。

最速の方法は、涙やけの部分をカットしてしまうことです。

ペットの涙やけに悩むお客様の対応ランキング

3位 動物病院で診てもらう
2位 与える食べ物を変えてみた
1位 月一でトリミング出して目周りをより短く清潔にカット

3位 動物病院に行くのが面倒臭い&お金がかかるという理由で、票が少なかったです。

2位 動物病院に行くのと比べて費用がかからないのと、選択肢も広がるので試してみる。との意見が多かったです。

1位 圧倒的に楽で費用が安い(目周りの部分カットなら500円〜1000円くらいです)との理由が多かったです。

お嫁さん

無理せず自分に合った選択をしましょうね!

最後のまとめ

ハッキリ言って、

涙やけはすぐにどうこうして治るものではないです。

定期的にケアや対策をしていくことで、徐々に改善していくものなので、飼い主の根気が求められます

自分の自由時間を少し削って、

大事な小さな家族のケアにあててみてはいかがでしょうか?

少しでも参考になれば嬉しいです。

それでは、また!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次