MENU

【 絶対に毛玉を作るな!】プロが語る毛玉によって起こるデメリット3選

ほしうみ

こんにちは!!!

この記事通して、ペットの毛玉を作ることによって起こるデメリットを記します。

毛玉?トリミングに出せばいいんでしょ?
毛玉?なにそれ?
毛玉?簡単に取れるんでしょ?気にしない。気にしない。

そんな方へ。

目次

ペットに毛玉ができると起こるデメリット3選とは?

通気性が悪くなりペットの皮膚が荒れてしまう

解説

毛玉を作ると皮膚と毛の間が蒸れてしまいフケが出始め炎症を起こすようになり、それが原因で本人が痒くなってしまい、掻きむしって出血を起こしてしまいます。

トリミング時に怪我をさせる確率がグッと上がる

解説

毛玉って皮膚にくっつくように絡んでしまうので、

皮膚と毛の間に僅かな空間を作ってから、バリカンやら、シザーやらで取り除いていきます。

フェルトを想像するといいです。

あれがペットの体全体を覆います。

その中で、犬が急に動くことを予測しないといけないので、神経を全集中させないとバリカンでガリッと皮膚を引っかけてしまったり、シザーで皮膚を切ってしまう事故に繋がります。

どんなに気をつけてても、起きてしまう事故はあるので、そもそも毛玉を作らないようにすることがとっても大切です。

トリミング料金が高くなってしまう

解説

上記で記したように、トリマーはとっても危ない作業にかかります。その手間代として毛玉料金を別途いただく場合があります。

毛玉の具合にもよりますが、相場として500~5000円ほど発生します。

もっと酷いと10000円くらいとるサロンもありますね。

それが嫌なら、毛玉を作らないようにご自宅でブラッシングをしっかりするべきです。

りんちー

その代金を払えばいいんでしょ?
とかいう屁理屈は無しでお願いします!!!

ペットに毛玉を作らないようにする解決方法3選

ほしうみ

プロが解説するよ!

毎日5分でいいのでブラッシングすること

解説

毎日ブラシを通すことで間違いなく毛玉はできなくなります。面倒くさいと思う方は、カットする時に短くして手入れが楽になるようにペットサロンにオーダーした方がいいです。

ほしうみ

面倒臭いことが、
一番大事な事だったりします!

自宅でセルフシャンプーしないこと

解説

素人がセルフシャンプーすると、ブローする時にほぼ100パーセント半乾きの状態で放置します。それによって毛玉が100パーセントできます。

ですので、プロに任せた方が圧倒的に無難です。セルフシャンプーしてる人はペットの状態を見ればプロからみてすぐに分かります。バレバレです。

月1回トリミングサロンに出すこと

解説

プロがシャンプーして、ケアすることでセルフでやるより圧倒的に早く綺麗に仕上がり毛玉を作りにくくします。

月に一度シャンプーを推奨する理由は?

生体の個体にもよりますが、爪や、肛門腺がだいたいひと月で伸びたり溜まったりするからです。

そのついでのシャンプーと言ってもいいでしょう。

りんちー

ルーティン化したほうがいいよ!

最後に毛玉取り作業中に思うこととは?

ほしうみ

危険オブ危険でしかない!

怪我のリスクが本当高いなと心底思います。

毛玉ができてしまったら、バリカンでサッパリ短くしてリセットすることをオススメします!

トリマー目線はそんな感じです。

誰かに届けば嬉しいです。

それでは、また!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる